EC・ダイレクトマーケティング


マーケティング視点のみにとどまらない、時代背景・グローバル環境を熟慮した
全体最適視点で戦略を構築。

購入・資料請求・見積依頼等、サイト来訪からコンバージョンに至るまでの種類は様々です。
また、業種・業態によってもマーケティング戦略は変わってきます。もしくは、ある程度成熟した市場では、売上をマーケティングのみで
150%にすることは可能ですが、300%にすることは非常に難しいです。
その場合、時代背景やグローバル環境を熟慮し、商品や付帯サービス、コンセプトの見直しを図ることで300%は可能となる場合があります。
では、マーケティングと掛けあわせれば、どうなるでしょうか。そういったことを徹底的に考えてお客様の価値を生む戦略を構築します。

このような課題をお持ちの方におすすめします!


  • ・集客施策だけでは、頭打ちしてしまい新規顧客が獲得できない。

  • ・新規顧客は獲得できているが、流出顧客も多くでてしまっている。

  • ・やみくもな戦略ではなく、データを起点とした運用をしたい。

  • ・施策の方向性が見いだせない。

  • ・マーケティングだけでは勝負できなくなっている。

  • ・新規で立ち上げをしようと思っているが指針が無い。

改善施策抽出からアウトプットのイメージ


1.事業の本質的課題を調査

商品 > 物流 > マーケティング > サービス

マーケティング施策のみにとらわれてしまうことは危険です。今、ITが発達し、地理的距離が短くなっていっている中、
グローバル環境や意図しない競合等を把握し、本質的な課題を解決しなければ大きな成功は見込めません。
ZENofficeでは、事業を俯瞰的に見ることで、全体最適視点で本質的課題を導き出します。

2.仮説からデータ分析を起点に課題を抽出

アクセスログ解析、顧客データ、購入履歴データなど様々なデータを定量的・定性的に分析し、マーケティングプロセスにおける
ボトルネックを「見える化」します。
また、ただの分析で終わるのではなく、実現可能な施策に落とし込むことで、改善サイクルにつなげていきます。

3.改善施策の優先度、ROI分析

・売上目標達成をブレイクダウンした概観(売上5億円の例)

どこに課題があるかを明確化することが重要!

限られた予算をどこに配分するか?
事業フェーズや母数によって、投資対効果は異なりますが、お客様の事業フェーズに合わせた投資配分を組み直すことで、
同じ予算であっても大きな成果を上げることが可能となります。

4.改善実績

サイト立ち上げ後一年間で過去最高記録を次々と達成!

・上場メーカー様 | 売上規模(全体)約200億円

実施前の課題

  • ・非ネット通販の売上が低下してきた

  • ・流通とネットのターゲットが同一でありニーズに
     マッチしていなかった

実施施策

  • ・ターゲット・コンセプトの再設計

  • ・SEO戦略/UI設計によるサイトリニューアル

ネット通販上での競合、ユーザーニーズ、商品展開全てを設計し 直し、コアターゲット→集客→購入→リピートにつながる全てを 設計したサイトを再構築

改善効果

年間売上昨年対比

362%UP!!

リニューアル前後CVR

230%UP!!

客単価

80%UP!!

2017年米国ABM市場調査レポート

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

06-6264-1130